ベゴニアビッグ復活とジャガイモ植え付け

今晩から雨模様と言うことで畑仕事を精力的に行った。

まずは昨年11/8に冬越しのため畑のビニールトンネルに移植したベゴニアビッグ、一般的には小花のセンバフローレンスがホームセンターなどで販売されているが真夏の開花時にはこんな花になる。

畑に移植した当時の写真。

まだ青い葉や花を付けていたが霜が降り気温が下がると枯れ木になっていた。

今週ビニールトンネルを剥がし雑草を取り除くと・・・

枯れ木の下から鮮やかな緑の葉が覗いている。大株3株と小株4株を持ち帰ったがどれも復活している。まだ朝晩の気温が低く霜の恐れもあるのでもう暫くビニールトンネル内で大きくなって貰う。

もう少し大きくなったら剃刀の葉などで分割して株分けをし5月下旬くらいに大鉢へ定植しようと思う。

そしてジャガイモの植え付け

一畝半ほど植え付けた。

今年の土作りは有機石灰を撒いて一度耕耘しその後『発酵籾殻』『完熟牛糞堆肥』『発酵鶏糞』をすき込んで土壌改良を行った。最後に有機肥料8-8-8をすき込んで計3回耕耘してマルチィングシートを被せて雑草よけと土温上昇を目指す。

植え付けたジャガイモは『とうや』が13個、『出島』が26個だ。去年は出島が良く出来たので2年続けて植え付けだ。

今日の水耕栽培

今日はH28年度最後の作業ボラ日。作業は1時間弱で切り上げ今年度の反省会と役員の改選を行った。反省会で指摘があったのは夏場の水やり作業を男性陣は1人作業で行っているが真夏の高齢者の作業は万一のこともあるので女性陣を含めた2人作業にしようと決めた。70才前後が最も多いので注意に越したことは無い。役員は会計を除いて留任。

さて、水耕栽培の野菜ではレタス類を毎朝食前に摘み取って生サラダでいただいているが今朝の写真を紹介しよう。

中玉トマトのフルティカは15cm以上に成長した。もうすぐ花芽が出始める頃と思われる。相変わらず2本立てで育てているが花芽がつけば1本にしないとダメだ。

レタス類とは別に種から育てたスイスチャードだ。ホウレンソウに似たカラフルなふだん菜で赤・黄・緑の葉がサラダに色を添える。

ルッコラと別の種類のスイスチャード。特にルッコラはごまのような味がするのでサラダにチョット違う味わいを加えてくれる。

来週は雨模様のようでそれまで明日・明後日でジャガイモの植え付けを終えようと思っている。

甲斐犬がやってきた

ハスキーの太郎が亡くなってから昨日で49日。

飼い犬がいなくなったことで野良猫や野生の鹿が頻繁に庭に入り込み出した。

鹿は今のところ目立った害は無いが問題なのが野良猫だ。

夜間や僕が外出した間に侵入し糞をしたりしていく。特に雑草を抜いた後は土が軟らかく自分の縄張りを示すマーキング(オシッコ、糞)をしていく。

そこでやっぱり犬を飼うことにした。

去年の7月に生まれ8ヶ月の甲斐犬子犬だ。滋賀県のブリーダーから近くのホームセンターに飼われて僕の所に来た。成犬で15kg位の中型犬。飼い主以外にはあまり懐かないと言われる犬だ。

甲斐犬は柴犬に次いで飼育数の多い日本犬で狩猟犬としての方が良く知られている。今回の候補には紀州犬やショルティーなどもあったが条件が合わず甲斐犬に落ち着いた。

今日午前中に引き取り我が家に連れ帰ったが落ち着かないらしく犬小屋には居着いてくれない。押し込んでもすぐ出てしまう。まだまだ夜間は冷え込むのでその内犬小屋に入ってくれると期待している。

昼飯を食った後早速裏山周辺の市道を散歩に引き連れた。往復で40分くらいゆっくり歩いたがなんとか歩き通してくれた。これから朝夕2回散歩が日課となる。

引き取ったときに肥満させないこと、散歩は必ず日課として心がけることを念押しされているので僕の健康も兼ねて散歩の復活だ。

畑の今

啓蟄を過ぎて暖かくなると思ったら真冬に後戻りだ。今日の最高気温は5℃位で今夜から明日朝にかけて雪が降るかもしれない。

NHKの天気予報では曇りで所により一時雪か雨と予想している。

さて、我が家の菜園だがタマネギが順調に育っている。去年は3月末にサルに殆ど喰われてしまって怒り心頭だったが今年は自衛手段を講じている。グリーンのネットでトンネル状に覆っている。

今年度は3種類のタマネギを植え付けたが写真はその内の極早生種。少し膨らみ始めてぬたやサラダなどで食べられそうだ。

食害とは別に西日本ではベト病の被害がひどかった。我が家ではベト病に罹る前に食害にあったわけだが今年はなんとか良い状態で収穫したい。そのため今まで無農薬で来たが今年はベト病対策の農薬を散布しておいた。昼間の気温が15℃以上で乾燥気味だとベト病が発生しやすくなるそうでそれまでに散布しておけば効果があるらしい。

こちらはスナップエンドウとサヤエンドウ。豆類は3年以上間隔を開けないと連作障害が出るほど敏感な野菜らしい。エンドウなどはサルでは無くヒヨドリの食害があるのでつるが伸びるまではこうしてグリーンネットで覆っておく。

最後はジャガイモを植え付ける準備。秋以降雑草が生えるままにしていたので耕運機をかける前に雑草抜きだ。

今年は『出島』と『キタアカリ』の2品種を一畝植え付けるつもりで少し早いがホームセンターで種芋を購入した。例年3/23頃植えるんだがその頃には売り切れてしまうので早めに購入だ。

クリスマスローズ

鯉を飼っている池の上の築山に数種類のクリスマスローズを植えているんだが今が花時だ。

この株は始めて花を付けた物で咲いている花の数が少なく株自体もまだ小さい。

我が家で一番大きい株でおおよそ50~60cm以上になっている。写真では分かりづらいが花の数も半端ではない。

これも始めて花が咲いた株だが僕が植えた物では無い。築山の上の方で咲いた花からのこぼれ種が育った物なんだが周りのクリスマスローズと自然交配したようでどちらかと言えば明るい赤ないしはピンク系の色。特徴的なのは葉っぱ(枝)の付け根付近から花が咲いていること。これは上の方に植えていたクリスマスローズの特長を受け継いでいて花の色と花弁の開き方が親株と違っている。

地植えした株で咲いているのは計6株だがこれ以外に花が咲くのは数年かかる物や鉢植えもありそこそこの庭になっている。

花が終わった頃にお礼肥とバーク堆肥を施肥すると来年こぼれ種から発芽するのでさらに増えていく。自然交配の新種が出来るかそっちの楽しみもある。

今日の水耕栽培

昼間の最高気温が徐々に上がってきて野菜の生育も少し早まった気がする。

ビニール温室で先月初旬に始めた水耕栽培なんだが徒長気味だったトマトも少しまともになってきた。

スポンジに2粒蒔いたのがどちらも10cm位になったのでそろそろ残す苗を決めて1本仕立てにしないといけない。

サラダミックスの種を蒔いたのも移植サイズに育ってきた。

ルッコラとスイスチャードを数株ピンセットでつまみ水耕栽培セットに移し替えた。

上の2枚の写真はリーフレタス2種類とチマサンチュ。グリーンリーフレタスは来週後半くらいから収穫できそうだ。下の葉から掻いていけば2ヶ月以上収穫が出来るのでチョットしたサラダに重宝する。

今日はこれ以外に畑のタマネギや築山のクリスマスローズなど写真に収めたんだが一度に記事にするとネタ切れになるので順次記事にしていきます。

貰い物

今週は貰い物が続いている。

月曜日

動物公園のボランティア仲閒から11時頃電話が入ってきて生わかめを食べるかと。

早朝2時頃から出かけて元宇品海岸あたりで生わかめを採ってきたので食べるなら分けてあげるとありがたい申し出。すぐに出かけていただいてきた。小分けして冷凍保存するが量が多いのでご近所さんにお裾分け。夕食はわかめ・白菜・椎茸・豆腐で鍋し立てにしていただいた。新鮮で歯ごたえも良く味は申し分なし。自宅で採れた椎茸の歯触りも抜群でチョットした贅沢。ポン酢はもちろん自家製柚子果汁50%のもの。柚子の香りと生わかめおいしくいただきました。

昨日

先週県北に住む同級生のS君から久しぶりに電話があり雑談などしていたら最後に猪の肉があるけどいるか?

すぐに欲しいと即答し昨日受取に行ってきた。

帰宅後クーラーボックスに入れたままにして解凍。大きい固まりを小分けしたのが上の写真。一塊が200g以上ある。脂も乗っていて焼き肉や猪鍋に良さそうだ。

やっちまった

先週のこと

就寝中にトイレに行きたくなりベッドを降りた拍子にサイドテーブルに置いていた携帯電話をフローリングの床に落としてしまった。

その時は深く考えずに再度寝付いて朝起きてびっくり。

マットの無い木の床に直接落ちたようで打ち所が悪くタッチスクリーン兼用のガラスを割ってしまった。

電気的には動作しているようだが画面操作が全くできない。

ドコモショップの開店に合わせて修理依頼をしてきた。

破損したり故障などの保険に入っているので年間2回使える保険で今回の修理をして貰うことにした。保険と言っても無料では無く5000円位は自己負担が必要。これで修理では無く新品交換をして貰う。

翌日の午後代品が届くそうで今までのポイントを使って差額3000円位が翌々月の利用料と合わせて引き落とされる。

交換した機種は基本のアンドロイドOSが古くて更新しろとかWi-Fiが使えなくなるとかすったもんだがあったがなんとか電話帳を移し直して電話とメールは使えるようになった。ただ自分でダウンロードしたアプリが使えない。暫くいじってみることにしよう。

第一関門突破

2/2のブログで記事にした水耕栽培開始なんだが芽が出始めた。

こっちは水耕栽培では無くビニール温室での促成栽培、レタス類の種まき後発芽し始め。

こっちが本命の水耕栽培トマト『フルティカ』の発芽。2個種まきをし生育状況を見て1本にするつもりでこのまま成長させる。

今週末木曜日あたりから4日連続で雪マークの天気予報が出ている。油断は禁物だ。

発芽までは単なる水道水だったが今日からは液肥を500倍に薄める分量で混ぜて発育を促す。順調にいけば7月くらいから収穫できるはずだ。

3月に入れば露地植え用の夏野菜の種まきをし育苗器に入れる。例年と同じルーティーンだ。

婆は花柄摘み、爺は柴刈りに

昨日は小春日和、作業開始前は季節なりの冷え込みだったが陽が昇るとともに汗ばむくらいだった。1月の作業日は大雪で前日に作業を中止していて今年初めてのボランティア作業だった。

表題の通り女性陣はパンジービオラの花柄摘み、男性陣はアジサイの剪定やサツキなどに絡んだサルトメイバラなどの刈り込みを行った。(女性陣とは離れての作業で写真は無し。)

そしてもう一つの話題

2/4は節分の日。以前から売り場に無いか探していたのが漸く販売されているのが見つかった。

百鈞で売られている豆まき用の枡。購入したのは140mm角の製品。

ドリルと自在鋸で穴を開け塗装をして取り付けたのがこちら

3ウェイマルチの高音に使用するリボンツィーターの収納ケース。一から材料を購入しカットからすると見栄えや費用など1個100円では済まない。

裏側は塗装をしていないので見栄えが悪いが正面からは見えないのでこれで良し。ホーンツィーターからこちらのリボンに替えたらこちらの方が中低音とのつながり、音場の左右への広がりなど断然良くなった。当面これで聞き込んでみよう。